結果がリアルに数字で表れるのが、マーケティング活動の魅力です。

- 人材紹介会社のマーケティング

営業推進部は、イベントへの出展やセミナーの開催、DM、Webプロモーションやオウンドメディア施策を組み合わせて新規顧客開発の営業支援を行います。また、転職希望者を集めるためのマーケティングを担当する部署です。私はその責任者としての仕事をしながら、広告会社の情報を集めた年鑑『日本の広告会社』と『デジタルマーケティング年鑑』の編集長や、多数のセミナーを開催しています。

マスナビの営業、中途採用の営業を経験して、2年目に異動になり、『デジタルマーケティング年鑑』の創刊から編集に携わっています。この本は、デジタルマーケティングの重要キーワード、100社以上の有名企業のデジタルマーケティング事例、約1200社の企業情報という3部構成になっています。デジタルマーケティングが注目されるようになって、IBMやAdobeといったデジタルマーケティングツールの開発や販売を行っているIT企業の最先端の情報を、マスメディアンとして把握できるので、人材ビジネスをおこなう上でも大いに役立ちます。

テーマはデジタルなのに、あえてアナログな書籍で出すことにも意義があって、デジタルって更新性が高いかわりに、過去のことがすぐに消えてしまうので、その1年をアーカイブしていくという意義があるのです。書籍として残すことによって1年ごとの変化が把握できるからです。
1200社の企業に対して、1社ずつ情報の事実確認を行い、正確さにもこだわっています。

正直きついですが(笑)重要な仕事ですね。また、企業の宣伝部への取材は毎回とても刺激的です。取材を通じて拡がったネットワークから、人材ビジネスにおける新しい顧客が生まれます。

- 仕事のやりがい

デジタルガジェット好きだったので、いまの部署は自分にぴったりだと思います。有名なクリエイターの方、開発者、プロモーション担当者の取材では裏話を聞けることが楽しいですね。マーケターの方が、どういったロジックの組み立てでプロモーションを展開しているのかがわかり、自分の勉強にもなります。また、この分野ではこれからどんな人が活躍するのか、どんな仕事が生まれているのか、転職希望者はどんなスキルを身につける必要があるのかなど、変化の潮流を知ることができるので、他の人材紹介会社に比べて、1つ上の提案ができる情報源になっています。

企業情報はデジタル版で無料公開しているので、ご転職希望者の方には企業研究にも役立ててほしいですね。

企業の人にも、就職・転職希望者の方々にも役立つ書籍やWebサイトを作っていることに、とてもやりがいを感じています。

- どんな人と働きたいか

私のようなデジタルガジェット好きの人と一緒に切磋琢磨していきたいです。私は社内一のクリエイティブ・デジタル通を自負していますが、それを脅かすような後輩に入ってきて欲しいですね。
マスメディアンには、マーケティングやクリエイティブに関する最先端の情報が入ってきます。それは、取材先から得ることもありますが、やはり現場との接点の多い人材コンサルタントやキャリアコンサルタントから仕入れることが多いのです。当社には、人材コンサルタント、キャリアコンサルタント、マーケター、編集と、人材ビジネスを主軸に様々な仕事がありますが、どの仕事を任されるとしても、情報感度の高く好奇心旺盛な方に活躍のチャンスがあると思います。

マスメディアンに入社してから人との出会いに感謝する毎日です。以前は、私もマスメディアンで人材コンサルタントとして働いていたのですが、たくさんの新しい人に会えることがモチベーションでした。人との出会いが私自身を成長させてくれると思っていたからです。
今の部署に移ってからも同様です。先日、業界を目指す学生に役立ててもらう「マスナビBOOKS」を創刊し、『就活でどうしても会いたいテレビ人24人へのOB・OG訪本』という書籍の編集に携わる機会がありました。一つ一つの出会いをたぐり寄せて出来上がった、思い入れの深い書籍です。
こうした経験も、マスメディアンという環境があったからこそだと思っています。人と人の出会いに可能性やワクワクを感じる方は、ぜひ、マスメディアンを目指してもらいたいと思います。

WORK AT MASSMEDIAN

マスメディアンであなたの力を発揮してみませんか。